キャッシングの限度額@きになるキャッシングの限度額まとめ

キャッシング 限度額

メインイメージ


キャッシングの限度額を考えて選ぶなら

当サイトはキャッシングの限度額についてお得な情報を発信しております。是非ご参考下さい。
現在では、総量規制という法律が定められたために、年収の3分の1以上の借り入れがすでにある場合は、さらに追加でキャッシングをすることができなくなっています。このようなことから、キャッシングで審査に通ったとしても、希望の限度額まで借り入れができないことが多々あります。消費者金融で限度額100万円で契約していた場合でも、他の金融機関から年収の3分の1以上の借り入れをしてしまった場合、最初の消費者金融の限度額100万円までキャッシングをすることができなくなってしまう可能性があるというものです。ただし、例外として銀行系のカードローンは総量規制の対象となっていません。銀行系は審査は厳しいですが、総量規制の対象外ですので年収の3分の1以上の借り入れがあったとしてもさらにキャッシングを行うことができる可能性があるのです。

お勧めのキャッシング会社

モビットモビット

モビット キャッシング

年利:4.8%~18.0% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:14:50までの振込手続完了で当日振込可(審査結果により不可の場合有)

モビット 限度額
プロミスプロミス

プロミス キャッシング

年利:4.5%~17.8% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:平日14:00時までにWEB契約完了で当日振込
*14時過ぎても、ネットで申し込んで審査通過後、自動契約機から借りられます。

プロミス 限度額
アイフルアイフル

アイフル キャッシング

年利:4.7%~18.0% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:平日14:00時まで

アイフル 限度額

キャッシングの審査と限度額

pho1 消費者金融のキャッシングの申し込みを行うと、金融業者ごとの審査を受けることになります。
審査では年収や年齢、勤務先の情報、勤続年数などの様々な個人情報をもとにして融資が可能かどうか調べられることになります。
キャッシングを利用する際の金融業者ごとに最初から決めらえている利用限度額がありますが、その他にも借り入れるときの審査によって個人的に借り入れ可能な限度額が設定されます。
金融業者は審査を行ってキャッシング申し込み者の返済能力を確認した上で、年収などによって利用できる限度額を設定します。
個人に設定されている利用限度額については、キャッシングの利用実績などを積み重ねることによって引き上げることが可能となっています。
金融業者ごとに借り入れ可能な限度額の引き上げを行う場合にも、申し込みを行ったときに審査を受けて金額が決定されます。
最初の借り入れ可能な金額は、多くの場合では50万円以下のケースがほとんどとなります。

キャッシングの限度額を決まり方
pho2
キャッシングの限度額を決まり方について
カード会社や消費者金融のキャッシングの限度額については、業者によってそれぞれ異なる上限が定められていますが、全ての利用者がこの上限いっぱいまで借入を行うことができるわけではなく、その内容は実際には利用者ごとに異なっています。
個別のキャッシングの上限額は利用者の返済能力をもとに決められるもので、返済能力についてはカードの発行やキャッシングの申し込みの際に審査が行われますが、このときには利用者の年収や勤務先、勤続年数、家族構成など様々な内容が審査の対象となります。
なお、キャッシングの限度額については年収が高かったり安定した職業に就いているほど高くなる傾向にありますが、キャッシングを何度も利用し、その都度しっかりと期日どおりに返済を行って信用度を高めていくことで、限度額をアップさせることも可能です。
ただし、キャッシングの利用については総量規制と呼ばれる過度の借入を防止するための規制があり、原則として借入可能な限度額は年収の三分の一未満までとなります。

キャッシングの限度額を引き上げる
キャッシングの限度額を引き上げする方法とは
キャッシングの限度額を引き上げする方法とは、まずはキャッシングをして現金を借りている金融機関や消費者金融へと連絡を入れることです。連絡をした際に、すぐに可能かどうかの判断を示してくれますが、消費者金融でのキャッシングの限度額引き上げについては、総量規制の関係があって年収が分かるものを用意してほしいと言われるため、すぐに判断ができない場合があります。
このため、キャッシングの申し込みができる場所に赴いて年収証明を見せるなどの対応を求められることになります。
なお、就労先がしっかりとしていて、また元々の限度額が少ない金融機関からの借り入れの場合には、あっさりと認められる場合があります。また、100万円までの借り入れにはそれほど審査が厳しくない場合があります。
このあたりの条件は金融機関ごとでまちまちであり、申し込んだ先キャッシングの銀行や消費者金融などの業者によって対応が変わることになるため、注意が必要です。
キャッシングの限度額の決まり方について
消費者金融などの金融業者が行っているキャッシングサービスには、利用できる限度額が設定されています。
多くの金融業者ではキャッシングによって貸し付けが行える限度額があらかじめ決まっていて、多くの場合は最大で500万円までの融資サービスが多いと言えます。
限度額の設定には金融業者がごとに設定されてある決まり方のものと、法律で決まっている利用限度額があります。
消費者金融業者などが貸し付けを行う際に関係のある法律は貸金業法になりますが、貸金業法の規定では年収の3分の1の範囲内でしか融資が行えないことになっています。
借り入れを行う人が多数の金融業者から借り入れを行ったときに多重債務に陥る危険性があるために、設けられている仕組みであると考えられます。
このように法律による利用限度額の決まり方もありますので、消費者金融のキャッシングの申し込みを行うときには、自分の年収を把握して希望金額の入力をすることが必要になると言えます。